お気に入りの愛車を乗り換え

今現在、車を所有している方なら、少なくともこれまでは生活や仕事、あるいは趣味に欠かせない存在であるといえるでしょう。 そして特に車にこだわりがない方でも、通勤や生活の足として車を所有するためにある程度のお金をかけてきています。 車好きの方で、ご自身の愛車にも多くのこだわりがあるという方であれば、なおさらにお金をたくさんかけてきたことでしょう。

しかし、その車もいつかは乗り換えなければならない時がやってきます。
一生乗るつもりだから乗り換えるつもりはない。という方もいるかと思います。
乗っていても乗っていなくても、車は経年変化によって必ず劣化して故障箇所が出てきます。
修理できないことはありませんが、その分かなりの費用が必要となってきます。
そういった意味では、修理して乗り続けるよりも別の車に乗り換えてしまったほうが、経済的であるといえます。

参考:車買い替え

最近の車はとても丈夫

とはいえ最近の車、特に日本車は設計やパーツの精度が高く、
主要部分の致命的な故障が訪れるまでには、それ相応の走行距離と年月が必要です。
ヨーロッパなどでは、20万キロや30万キロというような走行距離でも問題なく走っていることが多く、日本でもタクシーの走行距離が50万キロを越えているというケースも珍しくありません。つまり簡単には壊れない、丈夫なのです。

ただ車の楽しみ方として、特にバブル期以降、新車で購入して3年乗ったら乗り換えるなどというような乗り方が一般的になりました。現在でもそういった楽しみ方をしている車好きの方も多くいらっしゃるでしょう。また、最初に購入した新車の価格が下落しないうちに乗り換えれば、少ない投資で最新型の車を乗り継ぐことも不可能ではありません。

最新型のピカピカの新車に乗れるならそれにこしたことはありませんが、不況といわれつづけて早何年??・・・・・。経済的に余裕のない方の場合には新車なんてもってのほか、中古車しか買えません。という方も私を含めて少なくないのでは?と思えるわけです。

乗りつぶすのが一番経済的

もっとも金銭的負担が少ない車の所有方法としては、やはり乗りつぶすまで乗り続けるのが一番経済的といえます。もちろん車両によりますが、普通の使い方をしていれば、10万キロぐらいでは壊れませんから、10万キロぐらいの車を安価で購入して、20万キロを超えるぐらいまで乗り続ける、1年1万キロとして10年は乗れる計算になりますね。

とはいえ、せっかく車に乗るのなら、外観や乗り心地、エンジン性能や燃費性能など、
ご自分の趣味や用途にあった車に乗ったほうが、生活をより豊かにしてくれます。
もちろんどこまでこだわるかは、人それぞれですね。

乗り換える目的を明確に

古い車でも魅力的な車はたくさんあります。
車は新車登録から20年ぐらいまではどんどんその価値が下がってゆきます。
単なる古い車という扱いになるからです。

しかし30年を過ぎたぐらいから、ヴィンテージカーとしての価値が付加されるようになり、再び価値が上がってきます。すべての車が同じように価値が上がるというわけではありませんが、特に状態が良いものであればそれなりに評価されるといっていいでしょう。そういった意味では乗りつぶすというよりも大切に乗り続けるというのも選択肢のひとつといえますね。

また新しい車は、いろいろな新しい便利な機能、快適な機能がたくさん装備されています。
こういったことを踏まえた上で、いま現在乗っている車から乗り換えるなら、
乗り換える目的がなんなのか?しっかりと検討する必要があるのではないでしょうか。

今乗っている車を高く売るには

さて、愛車の乗り換えを考える場合に、今乗っている車を売ったならどれぐらいの値段になるのか?
非常に気になるところですね。
今車を売却するという場合、どこで売るかという売却先の選択肢としては、

・ディーラーなどでの下取り
・中古車販売店での下取り
・オークションなどでの売却
・買取専門店での買取

などが挙げられます。

ディーラーなどでの下取り

ディーラーなどでの下取りは、新車を購入する際などにはいちばん手間がかからず、
手軽さという点で利用する方が多いですが、下取り価格が新車価格の値引きという形で相殺されることになり、いくらで売れたかという点であいまいです。

中古車販売店での下取り

中古車販売店での下取りも、ディーラーの場合の新車が中古車になっただけなので、
同様に価格があいまいです。

オークションでの売却

オークションでの売却は、まれに高値で売却できるケースもありますが、
個人間の取引ということから、手間がかかったり、トラブルになりやすいという点から、
オークションに慣れた人、車の売買に慣れた人でなければ敷居が高いといえます。

買取専門店での買取

近年注目されているのが、買取専門店での買取です。
買取専門店は買い取った車を業者オークションで売却、
または自社に販売部門などがある場合には、自社で販売します。

特に大手業者では売却先が全国各地となるため、地域での格差が少なく、在庫を抱えるリスクが少ないため、高値で売却できる可能性が高くなります。 また、国内流通だけにとどまらず、海外で人気の高い車種なら海外に輸出するという販路も持っている強みがあります。

対して、小規模な買取店であっても、在庫状況によっては特定の車種が高く売却できたり、特定のユーザー間のみで価値が上がるような、カスタムカーなどでは有利に売却できる場合もあります。

買取一括査定サイトで複数社に見積もり依頼

こういった買取店が数多く登録しているサイトが、車の買取一括査定サイトです。
最大10社程度に一度に査定見積もり依頼が可能なので、
自宅にいながらにして一度に愛車の査定金額を知ることができるわけです。

もちろん、実際に車を見てもらわなければ、最終的な査定額は決定できません。
お店まで足を運んで査定を受けるか、出張査定に来てもらって査定額を決定することになります。

しかし、実車を見る前段階の査定は、ほぼすべてのサイトで無料で行えますし、
査定依頼をしたからといって、必ずしも車を売らなければならないわけではありませんから、
大雑把にご自分の愛車の売却金額を知りたいという場合にも、気軽に利用できるわけです。

買取関連のサイト

ピアノ買取 相場